花巻高等看護専門学校は確かな技術と豊かな知識・すぐれた品性と人格を備えた 看護師を目指しています

  • 学校紹介

    技術だけでは癒せない 心だけでも癒されない。
    看護師はきっと、それを知ってる人だと思う。

    病気のとき、看護師さんがやさしく笑ってくれると不安が和らぐ。
    採血のとき、上手な看護師さんにあたるとぜんぜん痛くない。
    やさしくって、腕のいい看護師さんは、わたしの憧れ。
    そんな看護師さんたちが持ってるのはきっと人を思いやるあたたかな気持ち。
    その気持ちに誠実に行動できる確かな技術と知識も持っているはず。

    「愛と誠」
    愛は人を癒し、誠は病を治す。
    だから、気持ちも技術も大切にすることを第一に教えてくれる。
    ここで学べば、憧れの看護師に近づけるって信じられるから毎日の授業も演習も楽しく過ごせる。

    学校長あいさつ

    校 長大島 俊克

    看護師という職業は、病気に悩む患者さんのために、ナイチンゲール誓詞で示されるような、利他の精神で援助や奉仕をする崇高な職業であります。

    ともすれば、自分さえ幸せであれば良い、自分だけは苦労したくないというような風潮が蔓延する世の中で、あえて看護師の道を選択されようとする皆さんに敬意を表したいと思います。

    本校が設立されましたのは昭和50年4月ですが、前身である花巻産婆看護婦学校が創立されましたのは、大正14年3月でありますから、90有余年にわたり、県内はもとより、全国で活躍する優秀な看護師を多数輩出してまいりました。総看護師長や看護師長として指導的立場となっている人も少なくありません。

    創立以来、「愛は人を癒し、誠は病を治す」という本校の基本理念に基づいた看護教育を一貫して行っており、本校卒業生は礼儀正しく、優秀であるとの評価をいただいております。
    看護教育に関して、本校では学校教員と実習病院指導者との人事交流を行っており、最新の臨床に即した看護が身に付くように配慮されております。また、図書や実習器具、パソコン等の教育設備に関しましても、常々充実を図っています。

    学校行事では、高村祭、花巻祭等様々な行事があり、学校生活を豊かなものにしています。

    本校では、看護師の道を選択されようとする皆さんの夢を実現できますよう、教員が一丸となり、人間性豊かな看護師の育成を目指して看護教育に取り組んでいます。

    花巻高等看護専門学校の沿革

    本校の教育の基本は「人間」の看護ができる看護教育です。技術のみに偏し人間性のない看護は看護のあるべき姿ではありません。
    私たちは、『愛は人を癒し、誠は病を治す』という『愛と誠』の精神を教育理念として現在まで歩んできました。

    大正14年4月

    花巻産婆看護婦学校を花巻共立病院(大正12年開院)内に創立

    昭和25年12月

    昭和23年制定された保健婦助産婦看護婦法に基づき産婆科は廃止され花巻乙種看護婦学校となる。

    昭和28年4月

    昭和26年の保健婦助産婦看護婦法の一部改正に基づき花巻准看護婦学校と校名を改める。

    昭和46年4月

    花巻高等看護婦学校新設(2年課程夜間進学コース)

    昭和50年4月

    花巻高等看護婦学校に3年課程を併設。花巻高等看護婦学校1部(3年課程)、2部(2年課程夜間進学コース)の二つの課程となる。

    昭和52年4月

    学校教育法に基づき専修学校の許可を得、花巻高等看護専門学校1部、2部に校名を改める。

    昭和60年4月

    花巻高等看護専門学校となる。(2部閉校につき)

    建学の精神「愛と誠」

    教育理念 愛は人を癒し、誠は病を治す

    花巻高等看護専門学校で学ぶ確かな技術と豊かな知識。
    すぐれた品性と人格を備えた看護師を目指して

    健康であること、それは私たち人間にとって最大の幸福です。

    その大切な健康を生涯にわたって維持し、増進させることが看護の仕事です。人々が多様な価値観を持つ現代は、医学はもちろんのこと看護の仕事も複雑かつ多様になってきています。その上、医療の現場には高度な最先端技術が取り入れられ、情報化社会は病院施設や地域にも浸透しています。

    しかし、社会環境がどのように変化しようとも、看護の仕事が全人的な対応、つまり人間に幸福をもたらす基本である健康という領域でかかわる以上、私たちの志や使命が変わることはありません。大切なことは看護という仕事の根底にいつも静かに横たわる慈しみの心であると考えるからです。

    確かな技術と豊かな知識を学ぶことはもちろん、人々と喜びを分かち合い、人の痛みを知る人間的な優しさ、温かさを持った看護師を育てることが、花巻高等看護専門学校の変わらぬ理念です。

    募集定員:40人(男・女)
    教育期間:3年制
    取得できる資格:看護師国家試験受験資格

    教育目的

    「社会の変化に対応した看護実践能力と人間的魅力を備えた看護師の育成」を目的とする。

    5つの教育目標

    1.

    科学的思考に基づいて、健康問題を看護の立場で判断し、看護を実践できる基礎的能力を養う。

    2.

    変化する社会に対応するために、生涯にわたり自己研鑽する姿勢を養う。

    3.

    地域社会や多職種に関心を持ち、保健・医療・福祉チームの一員として看護師の役割を理解し、責任を果たす能力を養う。

    4.

    自己の看護観を育てる。

    5.

    生命の尊さを感じ、個人の尊厳を守ることのできる倫理観および人間的資質を養う。

    学びの特徴

    誰かの役に立てるための知識と技術を学ぶ

    • 講義、演習、実習で学ぶ

      教室での講義や、模型や演習設備を利用した演習で、じっくり基礎を学びます。その後、隣接の総合花巻病院を主とした臨地実習で、実践的に学びます。

    • 多職種との共働

      医師・薬剤師・栄養士・医療ソーシャルワーカー・理学療法士等のスタッフが専門的な見地から講義を行い、知識を身につけます。これにより診療への協力もできるように学習します。

    • 看護経験を積み重ねる

      学んだ知識を実習で応用します。実際に受け持ち患者さんを中心として看護経験を積み重ね、卒業時には基礎的な判断とそれに基づくケアができるようになります。

    • 看護に必要な知識を学ぶ

      各器官の構造や機能を系統立てて学び、健康・疾患・障害に関する観察力・判断力を養い、人間に対する理解を深めます。また、健康生活を支える制度について理解し看護に活かします。

    • 最新医療を伝える講師陣

      医療現場は刻々と進歩しています。その医療現場で働く、医師・看護師が最新医療の話題も含めた講義を提供します。

    • エキスパートが指導

      基礎分野の講師は、大学の教授等その分野の専門家が担当し、専門基礎分野・専門分野については専任教員、病院の優れたスタッフが担当しています。

    看護師を目指す3年間

    受験資格が得られるもの

    1.

    看護師国家試験

    2.

    保健師・助産師・養護教諭等の養成機関への入学試験

    3.

    大学編入学試験

    夢をかなえる学びのポイント

    • 教員がしっかり教育

      入学した学生のみなさんが、すべて目標を達成できるよう、専任の看護教員が講師や臨床指導者の協力を得ながら、愛情と情熱を持って教育にあたっています。
       

    • 90年以上の伝統校

      花看は大正時代から続く伝統校。
      知識や技術だけでなく、看護の心や人間性を大切にする校風がしっかり根付いています。多くの先輩たちが、日本中で活躍しています。

    • 人間性を育む教課外活動

      花巻祭や高村祭など、行事がたくさんあります。
      ときにはリフレッシュするのも、人間性を育む上では欠かせません。

    • 理念に基づく教育姿勢

      「愛と誠」が本校の教育理念です。
      看護師はいつでも人と関わる仕事だからこそ「人を思いやる気持ち、慈しむ心を大切にしたい」と考えています。

    • 医療現場の空気が育てる

      病院隣接で医療現場が身近です。
      実習も、慣れた病院でスムーズに行えます。また、現場の空気を日々感じることで学べることもあるでしょう。

  • 学校紹介

    技術だけでは癒せない 心だけでも癒されない。
    看護師はきっと、それを知ってる人だと思う。

    病気のとき、看護師さんがやさしく笑ってくれると不安が和らぐ。
    採血のとき、上手な看護師さんにあたるとぜんぜん痛くない。
    やさしくって、腕のいい看護師さんは、わたしの憧れ。
    そんな看護師さんたちが持ってるのはきっと人を思いやるあたたかな気持ち。
    その気持ちに誠実に行動できる確かな技術と知識も持っているはず。

    「愛と誠」
    愛は人を癒し、誠は病を治す。
    だから、気持ちも技術も大切にすることを第一に教えてくれる。
    ここで学べば、憧れの看護師に近づけるって信じられるから毎日の授業も演習も楽しく過ごせる。

    学校長あいさつ

    校 長大島 俊克

    看護師という職業は、病気に悩む患者さんのために、ナイチンゲール誓詞で示されるような、利他の精神で援助や奉仕をする崇高な職業であります。

    ともすれば、自分さえ幸せであれば良い、自分だけは苦労したくないというような風潮が蔓延する世の中で、あえて看護師の道を選択されようとする皆さんに敬意を表したいと思います。

    本校が設立されましたのは昭和50年4月ですが、前身である花巻産婆看護婦学校が創立されましたのは、大正14年3月でありますから、90有余年にわたり、県内はもとより、全国で活躍する優秀な看護師を多数輩出してまいりました。総看護師長や看護師長として指導的立場となっている人も少なくありません。

    創立以来、「愛は人を癒し、誠は病を治す」という本校の基本理念に基づいた看護教育を一貫して行っており、本校卒業生は礼儀正しく、優秀であるとの評価をいただいております。
    看護教育に関して、本校では学校教員と実習病院指導者との人事交流を行っており、最新の臨床に即した看護が身に付くように配慮されております。また、図書や実習器具、パソコン等の教育設備に関しましても、常々充実を図っています。

    学校行事では、高村祭、花巻祭等様々な行事があり、学校生活を豊かなものにしています。

    本校では、看護師の道を選択されようとする皆さんの夢を実現できますよう、教員が一丸となり、人間性豊かな看護師の育成を目指して看護教育に取り組んでいます。

    花巻高等看護専門学校の沿革

    本校の教育の基本は「人間」の看護ができる看護教育です。技術のみに偏し人間性のない看護は看護のあるべき姿ではありません。
    私たちは、『愛は人を癒し、誠は病を治す』という『愛と誠』の精神を教育理念として現在まで歩んできました。

    大正14年4月

    花巻産婆看護婦学校を花巻共立病院(大正12年開院)内に創立

    昭和25年12月

    昭和23年制定された保健婦助産婦看護婦法に基づき産婆科は廃止され花巻乙種看護婦学校となる。

    昭和28年4月

    昭和26年の保健婦助産婦看護婦法の一部改正に基づき花巻准看護婦学校と校名を改める。

    昭和46年4月

    花巻高等看護婦学校新設(2年課程夜間進学コース)

    昭和50年4月

    花巻高等看護婦学校に3年課程を併設。花巻高等看護婦学校1部(3年課程)、2部(2年課程夜間進学コース)の二つの課程となる。

    昭和52年4月

    学校教育法に基づき専修学校の許可を得、花巻高等看護専門学校1部、2部に校名を改める。

    昭和60年4月

    花巻高等看護専門学校となる。(2部閉校につき)

    建学の精神「愛と誠」

    教育理念 愛は人を癒し、誠は病を治す

    花巻高等看護専門学校で学ぶ確かな技術と豊かな知識。
    すぐれた品性と人格を備えた看護師を目指して

    健康であること、それは私たち人間にとって最大の幸福です。

    その大切な健康を生涯にわたって維持し、増進させることが看護の仕事です。人々が多様な価値観を持つ現代は、医学はもちろんのこと看護の仕事も複雑かつ多様になってきています。その上、医療の現場には高度な最先端技術が取り入れられ、情報化社会は病院施設や地域にも浸透しています。

    しかし、社会環境がどのように変化しようとも、看護の仕事が全人的な対応、つまり人間に幸福をもたらす基本である健康という領域でかかわる以上、私たちの志や使命が変わることはありません。大切なことは看護という仕事の根底にいつも静かに横たわる慈しみの心であると考えるからです。

    確かな技術と豊かな知識を学ぶことはもちろん、人々と喜びを分かち合い、人の痛みを知る人間的な優しさ、温かさを持った看護師を育てることが、花巻高等看護専門学校の変わらぬ理念です。

    募集定員:40人(男・女)
    教育期間:3年制
    取得できる資格:看護師国家試験受験資格

    教育目的

    「社会の変化に対応した看護実践能力と人間的魅力を備えた看護師の育成」を目的とする。

    5つの教育目標

    1.

    科学的思考に基づいて、健康問題を看護の立場で判断し、看護を実践できる基礎的能力を養う。

    2.

    変化する社会に対応するために、生涯にわたり自己研鑽する姿勢を養う。

    3.

    地域社会や多職種に関心を持ち、保健・医療・福祉チームの一員として看護師の役割を理解し、責任を果たす能力を養う。

    4.

    自己の看護観を育てる。

    5.

    生命の尊さを感じ、個人の尊厳を守ることのできる倫理観および人間的資質を養う。

    学びの特徴

    誰かの役に立てるための知識と技術を学ぶ

    • 講義、演習、実習で学ぶ

      教室での講義や、模型や演習設備を利用した演習で、じっくり基礎を学びます。その後、隣接の総合花巻病院を主とした臨地実習で、実践的に学びます。

    • 多職種との共働

      医師・薬剤師・栄養士・医療ソーシャルワーカー・理学療法士等のスタッフが専門的な見地から講義を行い、知識を身につけます。これにより診療への協力もできるように学習します。

    • 看護経験を積み重ねる

      学んだ知識を実習で応用します。実際に受け持ち患者さんを中心として看護経験を積み重ね、卒業時には基礎的な判断とそれに基づくケアができるようになります。

    • 看護に必要な知識を学ぶ

      各器官の構造や機能を系統立てて学び、健康・疾患・障害に関する観察力・判断力を養い、人間に対する理解を深めます。また、健康生活を支える制度について理解し看護に活かします。

    • 最新医療を伝える講師陣

      医療現場は刻々と進歩しています。その医療現場で働く、医師・看護師が最新医療の話題も含めた講義を提供します。

    • エキスパートが指導

      基礎分野の講師は、大学の教授等その分野の専門家が担当し、専門基礎分野・専門分野については専任教員、病院の優れたスタッフが担当しています。

    看護師を目指す3年間

    受験資格が得られるもの

    1.

    看護師国家試験

    2.

    保健師・助産師・養護教諭等の養成機関への入学試験

    3.

    大学編入学試験

    夢をかなえる学びのポイント

    • 教員がしっかり教育

      入学した学生のみなさんが、すべて目標を達成できるよう、専任の看護教員が講師や臨床指導者の協力を得ながら、愛情と情熱を持って教育にあたっています。
       

    • 90年以上の伝統校

      花看は大正時代から続く伝統校。
      知識や技術だけでなく、看護の心や人間性を大切にする校風がしっかり根付いています。多くの先輩たちが、日本中で活躍しています。

    • 人間性を育む教課外活動

      花巻祭や高村祭など、行事がたくさんあります。
      ときにはリフレッシュするのも、人間性を育む上では欠かせません。

    • 理念に基づく教育姿勢

      「愛と誠」が本校の教育理念です。
      看護師はいつでも人と関わる仕事だからこそ「人を思いやる気持ち、慈しむ心を大切にしたい」と考えています。

    • 医療現場の空気が育てる

      病院隣接で医療現場が身近です。
      実習も、慣れた病院でスムーズに行えます。また、現場の空気を日々感じることで学べることもあるでしょう。